髪質が変わる

急に髪質が変わったり、抜け毛が増える原因は?

特にこれといったヘアケアをしなくても髪にハリやコシがあり、天使の輪ができていたという人も年齢とともにそうはいかなくなってきます。 加齢はもちろん、さまざまなことが重なって、髪質の変化というのが避けられないからです。

30代から急に髪質が変わった気がするんですが….

お肌の曲がり角は20代にありますが、髪の場合は30代にあります。具体的にどんな変化があるかというと、 「直毛だったのにクセがでてきた」「ハリやツヤがなくなってきた」「髪が細くなってきた」といったものが代表的です。

こうした加齢による髪質の変化というのは、髪の毛そのものに原因があるのではなく、 頭皮に原因があるケースがほとんどです。肌の老化というと顔ばかりにフォーカスしてしまいがちですが,頭皮も知らず知らずのうちに老化が進んでいるということなんです。

① 頭皮がゆるんで毛穴がゆがむ

直毛やくせ毛を決めるのは毛穴の形です。円形をした毛穴からは髪の毛がまっすぐ生えてくるので直毛になりますが、 年齢を重ねて頭皮がたるんでくると、円形だった毛穴がくずれてしまうので、そこから生えてくる髪の毛もうねりが加わってしまうようになります。

② 頭皮の皮脂量と水分量が低下する

顔の肌が年齢とともに皮脂量が減り、水分を保持できなくなってくるように頭皮もまた皮脂の分泌量が減り、水分を保持できなくなってきます。 皮脂は髪表面をコーティングして保護してくれているので、それがなくなるとなればキューティクルが傷つきやすくなり、乾燥やゴワつきの原因になりますし、湿気が多い日などには過剰に水分を吸収してしまうなど、トラブルの原因になります。

皮脂量が減ってキューティクルが傷つきやすくなるということについては、ヘアケア剤もあるので、カバーできるのですが、頭皮がゆるんで毛穴がゆがんしまうことについては、これは残念ながら手の施しようがありません。

頭皮の老化を促進してしまうものとしては、

● 紫外線

● 活性酸素

● 炎症

● 糖化

といったものがありますから、普段の生活のなかでこうした老化促進要因を排除していくことが必要になります。 ヘアケアはもちろんですが、食生活がかなり重要になると思います。

食生活を見直すことから始めるとお肌や髪など改善されていくかもしれませんね。

さて、具体的にどんな栄養素を摂取すればいいのか?ということですが、タンパク質にはじまり、アミノ酸、亜鉛や銅、ビタミンなどが定番中の定番です。ちなみこれらの栄養素すべて、30~49歳の女性は不足しているといわれています。

私も意識して摂取したいと思います!

小夏 さやか
AUTHOR

小夏 さやか

All stories by: 小夏 さやか