早めのUV対策こそ、6月のまとまらないヘアーを乗り切る鍵!!

紫外線対策されていますか?


梅雨入り前の5月6月が1年のうちで最も紫外線が強い時期です。

紫外線が及ぼす影響に光老化と言われるものがあり、紫外線が肌の奥まで入り込み徐々に細胞を壊すことで実年齢と関係なく老化していく、世にも恐ろしい現象なのです。

体の中で一番太陽に近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線紫外線量は顔に比べて3〜5倍以上の量といわれています。

頭皮こそ最も光老化が起きやすい場所なのです!


髪の内部のメラニンを分解して健康な髪であったとしても日に焼けて赤茶けた色んなになってしまったり、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

枝毛や切れ毛になりキューティクルが剥がれやすい状態のままだと、湿度が上がった時に水分を含んで髪が広がる原因になります。

頭皮に与えるダメージも相当なもので、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことにはなかなか気づくことができないのが恐ろしいことなのです。

頭皮には髪の毛をつくるもととなる毛母細胞があり、これが紫外線の影響で働かなくなると、抜け毛や薄毛の原因となります。

また髪を黒くする細胞が紫外線のダメージにより破壊されると、白髪が発生する可能性も高くなります。

紫外線が髪や頭皮に与える影響はとても恐ろしいですね(>_<)

そこで!早めの紫外線対策が大事になってくるのです!!

日傘や帽子はとっても効果的です◎

それプラス、髪にはUVスプレーで毎日の紫外線から守りましょう!

毛先のパサつきも紫外線のダメージをより進行させてしまうおそれがあるので、トリートメントやオイルなとでしっかりケアしてあげましょう◎


早めのUV対策で梅雨も素敵に過ごしましょう♪

藤野 ななみ
AUTHOR

藤野 ななみ

All stories by: 藤野 ななみ